大切なダウンコートのクリーニングはどうしていますか

こんにちは

パーソナルコーディネーター®️

&心理カウンセラーの西島しおんです。

ご訪問ありがとうございます。

今日は観測史上、最強の寒波らしいですね。

都内も氷点下を下回り本当に寒い朝となりました。

しかし、ファッションの方は、だいぶ春のディスプレイに

変わってきました。

 

これから少しづつ春の洋服に

クローゼットの中を変えていかなければいけませんね。

 

そこで

クローゼットの中も、そろそろ断捨離したいと思います。

 

きっといつか着れるだろうと思って

クローゼットにしまい込んでいるコートやジャケット

ありませんか?

 

買った時の値段とか考えると捨てることができないですよね。

私もバーバリーのステンカラーコート

今年こそ着てみようかなと思ったのですが

でもやっぱり、なんか違うんですよね・・・。

 

肩パットが時代遅れなんですよね。

リフォームに出して抜いてもらおうか?

でも、そこまでしても

果たして着るだろうか・・・?

「ないな!」

と思ったので、これは母にあげることにしました。

 

リフォーム代で思い出したのですが

先日、クリーニングと一緒にリフォームをしてもらった

ダウンコートがあるのですが

あなたの大切なダウンコート

クリーニングはどうされていますか?

 

 

こちら、タトラスのダウンコート


(画像はお借りしました。)

私も同じものを持っていて

昨年、初めてクリーニングに出しました。

このコートの良いところは

めちゃくちゃ軽くて

暖かいし軽いから着ていて快適なので

一回着だしたら、こればかりになってしまうほどです。

 

ご経験あるかもしれませんが

洋服をクリーニングに出すと

生地の風合いが悪くなってしまったり

テロっとしてしまい

残念な感じになってしまったこと、ありませんか?

布地の種類にもよると思うのですが。

 

それが怖くて・・・。

以前住んでいたところで利用していたクリーニング屋さんは

結構信頼できてバーバリーのダウンコートも

クリーニングに出すとパウダー仕上げとかで

表面がサラサラですごく気持ちよくなって

帰って来たんですよ。

でも距離的にもうそこには出せないので・・・。

 

でも、案外、水洗いしてるって声も

聞いたことあるんですよね。

私も薄手の羽毛の肌がけ布団を

洗濯機で水洗いしてるんですけど

以外に平気だったりするんですよ。

 

で、ママ友も自分のダウンは白◯舎に出しているけどw

ご主人のは洗濯機で洗ってるっていうのです。

全然平気よっていうんです。

だから、これも平気かも?

とも思うのですが、やっぱり初回くらいは

ちゃんとクリーニングに出したいですよね。

 

 

それで考え悩んだ挙句、やっぱり私もママ友が利用している

白◯舎に出すことに決めました。

 

そしたら、なんと

タトラス、モンクレールは専用の特別な洗い方があるので

そちらにしませんか?と勧められ

どれだけ違うのかわかりませんが

ものは試しなのでお願いすることにしたのです。

ですが!

だいぶお高めで、しかもボタンホールのほつれを指摘され

そのリフォーム代も入れて

 

合計¥8250でした。

この値段、高いと思うか安いと思うかは

あなた次第です。

 

どこかで、聞いた台詞ですが・・・。

どう思われますか?

 

でも、ちょっと割高だったけど

ボタンホールも直ったし、風合いも以前と変わらずで

安心料として

結果としては、まあ、良かったかな?

 

お気に入りのお洋服は

やはり丹精込めて長持ちさせたいですね。

 

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

「もう一度会いたい!!」
と思わせるマダムになって、あなたの世界を広げませんか?

 

あなたの本当のアイデンティティはなんでしょう。

そして、それに基づいた本当に見せたい姿とは

どんな姿でしょう。

 

選ばれる人となるために

パーソナルブランディングしませんか?

そしたらあなたの行動はますます広がり

その先に出会う人が変わって来ます。

 

その良き出会いによって、あなたのこれからの人生は

より素晴らしいものになっていくでしょう。

 
 
 

Stile Brillanteでは

あなたの属性、アイデンティティに最適な

パーソナルブランディングをいたします。

 ブリランテメソード

 ダウン ダウン ダウン ダウン ダウン ダウン ダウン 

 

(お申し込み時、gmailからの着信許可をお願いしております。)

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくださいまして

ありがとうございました。

西島しおん

  

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう