お洋服選びはコンプレックスをカバーしながら、似合うと好きをマッチング

Runway Of Life

人生はあなたのために用意されたオンリーワンのステージ

そして、そのランウェィを歩くのはあなた自身

ファッション&マインドであなたの人生を輝かせる

ラグジュアリッチ コンサルタント

&ブランディング プロデューサー 

Shionです。

 

 

 

10月29日は日本パーソナルコーディネーター協会

診断アドバイザーのフォローアップセミナーに

行ってきました。

講師の先生は下のお写真 

左、麻日奈 芽実 さん

右、千野チカ さん です。

あいにくの雨でしたが

お二人とも素敵なお洋服をおめしで

笑顔がとても素敵ですね。

笑いが絶えず、楽しく実のある講座でした!

さて、パーソナルコーディネート診断の

ライン別簡易診断は主に肋骨の骨組みを見るものです。

時々、勘違いされる方がいらっしゃるようですが

決して太っているか、痩せているのかを

見るものではありませんウインク

ラインは IラインXラインYライン

の3種類に分けられます。

その

ライン別簡易診断を用いて

似合うアイテム、素材を生かし

好きを諦めないコーデ提案

をさせていただきます。

つまり、あなたの

「似合うと好きをマッチング」

 

ですから、この診断そのものがゴールではありません。

その軸となるラインをもとに

よりその人に合ったファッションを

ご提案させていただきたいと考えております。

 

 

例えば、

弁護士、税理士、と言ったいわゆる士業の方であれば

信頼感の持てるプレゼンスが必要ですね。

 

 

お仕事時のコーディネートを考える上で

その方がもしもIライン、Xラインの

両方を持ち合わせた体型だったら

どんなお洋服が似合うのか

どちらのラインにしたら良いのか

一瞬迷いますよね。

 

 

そこで、その方らしく

しかも職業にもあっているものは何かを考えます。

 

 

3タイプの中で

実は最もジャケットが似合うのが

Iラインさんです。

 

 

ですから、

ジャケット着用率の高い士業の方にとっては

とてもラッキーな体型とも言えますね。

 

 

そこで、こんなコーディネートはいかがでしょうか。

 

 

まずアウターはカチッとしたジャケットを!

これに関しては難なく着こなすことができるでしょう。

 

 

そして、女性の方であれば

少し胸元にフリルやギャザーのあるブラウスなど

持ってきます。

 

 

そうすることでXラインさんの

華やかさ、柔らかさが自然な感じで引き立ち

持ち味を十分に生かすことができると考えられます。

 

 

もし、これがYラインさんであったら

どうでしょうか?

本来ラフなスタイルが得意なYラインさんは

肩幅や骨ばった感じを上手にカバーするのがポイントです。

 

 

Yラインさんの場合でしたら、

肩幅と縦のラインのバランスを考えて

ロング丈のジャケットがオススメです。

 

 

体のつくりは千差万別なので

これでなければ絶対ダメと言うことはありません。

 

 

ただ「ファッションがあまり得意ではないの。」

とおっしゃる方は、お洋服を選ぶ上で

診断結果によるラインと言った軸があると

選びやすいのではないかと考えられます。

 

 

さて、話は変わりますが

今日は昨日の雨も止んで気持ちの良い快晴でした。

 

 

ところが、午後になるにつれて東京では

北風が吹き出して、とっても冷たくなりましたね。

 

 

なんと木枯らし1号だったらしいです。

このように寒くなってくると

女子のパンツ率がグーンと高くなりますね。

 

 

そこで、今年のパンツスタイルのトレンドと

似合わせ方などについて、お話したいと思います。

 

 

好きだけれど、下半身にコンプレックスがあって

なかなかパンツが履けないと言う声を聞きます。

 

 

たとえば下半身、特にお尻周りや太ももが

気になると言う方。

 

 

そんな方の強い見方として

黒、紺などダーク色のワイドパンツがオススメです。

 

サイドラインが直線的でストンと

下まで落ちるシルエットは

体のラインを拾わないからです。

 

また、寒色系で収縮色を選べば

心配するほどボリュームは出ません。

 

 

身長とのバランスなども考えながら

パンプスやサンダルを選び

色は黒系にすることでグッと引き締まり

女性らしさも際立ちます。

 

 

次に、「ウエスト周りが気になるわ」

と言われる方にはテーパードパンツがオススメです。

 

 

タックがウエストから腿にかけて

直線的ラインで入っていることで

正面から見たときにウエストがスッキリ

しかも足長に見えます。

 

 

スキニーのように体のラインが

はっきり出ないところも良いですね。

このように、コンプレックスは

お洋服の素材やシルエットで

上手にカバーすることができます。

「似合うと好きをマッチング」

こんな風にオシャレを楽しんでくださいねエプロンハイヒール傘音譜

 

 

今日も最後まで読んでくださり

ありがとうございました。

By しおん

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう